04-2998-0418

埼玉県所沢市松葉町24-8
第3山口ビル2F

医療法人 矢沢歯科医院|所沢市、松葉町、新所沢駅、ビムラー矯正、ミラクルデンチャー

歯周病

ビムラー矯正

ミラクルデンチャー

歯並びは夜治す時代に

採用情報

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

歯周病

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。虫歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。
歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物を噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

治療の流れ

① 症状の検査

歯垢(プラーク)の付着確認を行います。
プローブと呼ばれる器具を用いて、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」と呼ばれる溝の深さ、出血の有無・歯のぐらつき方(動揺度)を測り、歯肉炎・歯周病の状態を検査します。
歯周ポケットの深さが3mm以下であれば正常または軽度、4~6mmでは中程度、7mm以上は重度の歯周病を示します。

  • プラーク付着検査

  • 動揺度検査

  • 歯周ポケットの測定

② 応急処置

歯周病の症状がとても悪く、痛みや腫れが出ている場合、まずは応急的な処置を行います。
歯ぐきを切開し、溜まっている膿を出してしまいます。必要があれば応急的なかみ合わせの調整とお薬を出させていただきます。

③ 歯みがき指導

歯周病の治療は歯のみがき方の指導から始めます。
正しい歯みがきの方法を学ぶことによって、毎日のホームケアで歯周病の原因である病原体(ばい菌)の巣になる歯垢(プラーク)をきちんと取り除けるようにすること(プラークコントロール)が目的です。
日々の歯みがきが歯周病を改善するために一番重要になります。患者さまそれぞれに歯みがきの癖があり、よく磨けているところと、磨き残しがあるところがあるため、磨き残しやすいところを意識して磨くように歯科衛生士が患者さまの歯の磨き方の指導を行います。

④ 歯ぐきより上の歯石除去

歯石の除去を行います。
歯ぐきよりも上にある歯垢(プラーク)と歯石の除去をスケーリングといいます。歯石の付着度合いにより異なりますが、1~6回に分けて行います。回数は患者さまによって歯石がつきやすい方やつきにくい方がいらっしゃるため、個人差がございます。
※歯周病の進行状況により、患者さまに合わせた治療方法を行います。

⑤ 歯周ポケットと出血の検査

歯と歯ぐきの間に出血があるかどうかの確認を行います。出血や炎症が治まったら次のステップへと進みます。

⑥ 歯ぐきに潜り込んでいる歯石の除去
⑦ 歯周外科

歯周病の症状が中度から重度で、歯周病の外科治療が必要な患者さまは外科処置を行います。

⑧ 再検査

3ヶ月に1度の頻度で、専門スタッフによるお口のメンテナンスをおすすめします。
メンテナンスでは、以下のことを行います。
・歯ぐきの炎症がないか確認
・歯垢の付着程度の確認
・歯と歯ぐきの間の溝の深さ(歯周ポケット)の確認
・歯垢(プラーク)と歯石の除去

⑨ 定期メンテナンス

歯周病治療が完了した後、3ヶ月に1度ほどの頻度で定期的にお越しいただき、検診を行います。
歯周病菌が少しでも残っていると、せっかく良くなったお口の環境が逆戻りしてしまうため、治療後の経過を確認させていただきます。正しいブラッシングの指導を行い、お口の環境が安定するように、定期的なメンテナンスを行っていきます。

Page Top