入れ歯

入れ歯(義歯)とは

入れ歯(義歯)とは

失った歯の代わりとなる人工歯を健康な周囲の歯や歯茎に固定して、噛む機能の回復を図る治療法です。すべての歯がない場合は総入れ歯、部分的にない場合は部分入れ歯をつくります。ブリッジは取り外しができませんが、入れ歯はご自分で簡単に取り外しが可能であり、口内を清潔に保つのも比較的簡単です。

入れ歯の種類

義歯(部分入れ歯・総入れ歯)には、保険適用される入れ歯と、されない自費治療の入れ歯があります。保険適用される入れ歯は使用できる材料が決まっていて、自費治療の入れ歯とは「装着時の違和感」と「見た目」が大きく違うと感じる方が多いようです。また、保険診療は3割負担などで費用負担が軽減できますが、自費治療は10割という全額のお支払いが必要になります。さらに肘治療には材料にも制限がないため高額になる場合があります。

当院では、患者さまが候補として検討される義歯について、素材や見た目、持ち、手入れ、費用、コストパフォーマンスなどを含めた違いを明快にお伝えした上でご自分に合うと思われるものを選んでいただいています。

保険の入れ歯

保険の入れ歯

金属床

使われている素材は、レジンという歯科用プラスチックです。強度が必要なため粘膜部分は厚めになっています。保険適用される場合は人工歯も種類が限られており、色や形も決まったものからお選びいただく必要があります。また、保険適用の入れ歯は固定に金属を使用するため、固定する歯に負担がかかって周囲の粘膜を傷付ける可能性があり、違和感を生じることもあります。

自費治療の入れ歯

自費治療の入れ歯

ノンクラスプデンチャー

自費治療の入れ歯は、使える素材に制限がないため、違和感が少ないシリコンや強度を保ったまま薄くできる金属などの使用も可能です。
床という粘膜部分に金属を使ったものは、飲食物の温度を伝えるため、食事の楽しみを損ねません。
シリコンは、見た目が歯茎に近く、自然な印象にできます。また、フィット感も良好です。ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)は、金属で固定せず、歯茎と同じ色・質感のもので固定するため、口を大きく開けても目立たず自然です。こうしたことから、入れ歯と気付かれにくいというメリットがあります。

ミラクルデンチャーという選択肢

ミラクルデンチャーという選択肢

多くの選択肢がある入れ歯ですが、矢沢歯科医院では、「ミラクルデンチャー」をお勧めしています。ミラクルデンチャーは、噛む・会話するといった際の機能性、見た目の自然な審美性、違和感の少ない快適さを併せ持った優秀な入れ歯です。 入れ歯を固定する金属のバネがなく、薄くて弾力のある素材でつくられており、従来の入れ歯に比べて目立たず自然で、異物感も少なくなっています。

ミラクルデンチャーの特徴

歯のことでお悩みなら、
お気軽にご相談ください。

Tel.04-2998-0418土日診療・駐車場完備

PAGE TOP